さいたま市浦和区の歯医者 菅原歯科医院 HOME > 入れ歯

入れ歯

手軽に噛める歯がよみがえる「入れ歯」

歯を失ってしまったときに、機能を補う方法といって多くの方がイメージするのは「入れ歯」ではないでしょうか。歯を補う方法としてもっともポピュラーで、手術の必要もなくしっかり噛める歯がよみがえるため、現在でも多くの人から選ばれています。

自分の歯と変わらない噛み心地を追求する方にはインプラント治療をおすすめしますが、現在では入れ歯でも非常に精度の高いものが開発されています。

保険と自費

入れ歯には、健康保険を使用できる「保険入れ歯」と、保険適用外の「自費入れ歯」の2種類があります。

メリット デメリット
保険
  • 簡単に装着できる
  • 費用が安価に済む
  • 床が厚くなって違和感がある
  • 歯の色が不自然になることがある
  • 金属製の留め金が目立つことがある
  • 素材がレジンに限定されている
自費
  • 使用する素材の制限がない
  • 薄く違和感のないものがつくれる
  • 自然な見た目のものがつくれる
  • 固定する留め具が目立ちにくい
  • 費用がかかる
  • 作製に時間がかかることがある

当院の入れ歯

レジン床入れ歯  【保険】

レジン床入れ歯	【保険】

歯ぐきに触れる部分「床」がレジン(歯科用プラスチック)でできている入れ歯です。保険の場合は必ずレジン床になります。安価ですぐに歯の機能を補え、破損時の修理もすぐにできますが、目立ったり違和感があったりといったデメリットもあります。

金属床入れ歯  【自費】

金属床入れ歯	【自費】

自費の入れ歯で、床部分が金属でつくられています。薄くつくることができるため違和感が少なく、食べ物の温度が伝わりやすいというメリットがあります。ただし、レジン床と比べて高額になるほか、固定する器具が目立つことがあります。

磁性アタッチメント義歯  【自費】

磁性アタッチメント義歯	【自費】

残っている歯根に磁性金属を、入れ歯には強力な磁石を取りつけて、磁力で固定するタイプの入れ歯です。固定に金属のバネを使う必要がないため見た目が自然で、ズレたり外れたりすることもほとんどありません。

入れ歯のメインテナンス方法

入れ歯は、人工物とはいえ大切な「自分の歯」です。いつまでも快適に使い続けられるように、本物の歯と同じようにケアをしっかり続けましょう。それが、周りの歯を健康に保つことにもつながります。

ケア方法 取り外して水洗いをする
ケアのタイミング 1日1回
汚れがたまるポイント
  • 床の裏側(粘膜にあたる部分)
  • バネの裏側(歯にあたる部分)
症例紹介

症例01

私たちの顎の骨や歯ぐきは、常に少しずつ変化しています。使い続けているうちに入れ歯が合わなくなることがあるのは、そのためです。いつまでもしっかり噛める歯を保つためにも、定期検診で入れ歯のチェックを受けるようにしてください。また、入れ歯に違和感がある場合や痛む場合も早めにご相談ください。

定期検診で入れ歯のチェックを受けましょう