さいたま市浦和区の歯医者 菅原歯科医院 HOME > 一般歯科・歯周病治療

一般歯科・歯周病治療

代表的な歯の病気「虫歯」の治療

虫歯の痛みに悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか? 日本人の成人のうち約9割は虫歯にかかった経験があるといわれます。ケアを怠っていたのなら自業自得かもしれませんが、なかにはしっかりケアをしていても発症してしまう人も……。その原因は何なのか、ご存知でしょうか?

虫歯の原因

虫歯の原因は細菌です。虫歯の原因菌は糖分を栄養として増殖するほか、糖分を取り入れて酸を排出する性質があります。この酸によって歯が溶かされる症状が「虫歯」なのです。

虫歯は細菌感染によって起こる病気であり、進行してしまうと自然に治癒することはありません。歯科治療を受けないかぎりは、お口の健康は取り戻せないのです。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1 【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3 【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4 【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

【根管治療について】

【根管治療について】

虫歯がC3まで達してしまった場合の治療法が根管治療です。歯の神経や血管が入っていた管(根管)をきれいに洗浄して薬剤を詰め、被せ物を装着して歯を残します。歯を失ってから入れ歯やインプラントなどで補うよりも、自分の歯を残したほうがずっと使いやすく見た目も悪くなりません。自分の歯を残すために、根管治療は重要なのです。

いつまでも健康なお口を保つためには、虫歯になってから治療するのではなく、悪くなる前に予防することが大切。痛くなくても、予防・メインテナンスを受けて健康な歯を保ちましょう。

悪くなった部分を「治療」するよりも、痛くなる前に「予防」することが大切です。

実は虫歯以上に恐ろしい「歯周病」の治療

歯みがきをしたら歯ぐきから血が出た……何だか口臭が強くなったような気がする……

こうした症状に心当たりがあれば、もしかしたら歯周病かもしれません。歯周病とは、歯の周りの組織(歯周組織)の病気。進行すると歯ぐきに炎症を起こし、顎の骨を溶かして、いずれ歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の恐ろしいところは、痛みなどの自覚症状がほとんどないこと。そのため、発症しても気づかずに放置してしまい、最終的に歯を失ってしまう方が多いのです。今や歯周病は、成人が歯を失う原因の第一位。決して他人事ではありません。

歯周病の原因

歯周病は、以下の3つの要因が重なると発症しやすくなります。

口腔内環境の悪化 口腔内が不衛生な状態が続くと、プラークや歯石が歯周ポケットにたまります。プラークや歯石が蓄積すると、そこに棲みつく歯周病菌が増殖し、毒素を出して歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を冒していきます。
全身疾患 糖尿病をはじめとする全身疾患があると、身体の抵抗力が落ち、歯周病が進行しやすくなります。
不正咬合 噛み合わせが悪いと歯は摩耗しやすくなり、継続的な強い力がかかることで歯周組織にダメージを与え、歯周病を進行しやすくします。また、食いしばりや歯ぎしりの癖がある場合も同様に歯周組織に負担がかかり、歯周病の進行を早める原因となります。

歯周病の進行段階

歯周病は、歯肉炎から歯周炎へと進行していきます。ここではその進行段階を、わかりやすく4段階に分けてご説明します。

進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきが赤く腫れ、炎症を起こしている状態です。ブラッシングをすると出血することがあります。

当院の歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという器具を使って、歯の根元など目に見える範囲の歯石を除去する「スケーリング」と、スケーリング後に歯周ポケットの奥深くにたまった歯石を徹底的に除去する「ルートプレーニング」を行います。目に見えないところの歯石やプラークを除去して、歯根面をツルツルに仕上げます。

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病が進行している場合におこなう処置です。麻酔をしたうえで外科的な処置をおこない、歯石やプラークを完全に除去して治療します。

歯周病が進行すると、心臓病や肺炎などの全身疾患を引きおこすリスクが高まると言われています。痛みがなくても、気になる症状があればぜひ検診を受けてみてください。