さいたま市浦和区の歯医者 菅原歯科医院 HOME > 顎関節症治療

顎関節症治療

その顎のお悩み、「顎関節症」かもしれません

こんな症状に心当たりはありませんか?

こうした症状に心当たりがあるなら、「顎関節症」の可能性があります。顎関節症は、顎の関節の周辺に何らかの異常が起こる疾患。代表的な症状は「顎が鳴る」「口があけにくい」「顎が痛い」などです。重度になるとめまいや痛みが全身に及ぶなどの症状も出てくるので、早めにご相談ください。

顎関節症の原因

噛み合わせの乱れ

噛み合わせが乱れているために、顎関節に負担がかかって顎関節症を引きおこすことがあります。また、噛み合わせに乱れがあることで、食事などで噛み合わせるたびに顎がずれ、症状が悪化することもあります。噛み合わせが乱れる原因としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 噛み合わせを考えずに行った歯科治療
  • 舌で歯を押すような癖
  • 固い食べものの食べ過ぎ
  • 生まれつき歯が変形している など
悪い癖や姿勢 頬杖や歯ぎしり、食いしばり、片顎だけで食事をするなど、普段の癖によって顎関節症が引きおこされることがあります。また、姿勢の悪さも噛み合わせに影響して症状を引きおこすことがあります。
ストレス 精神的なストレスがあると、眠っている間にそのストレスを解消しようとして食いしばりや歯ぎしりを引きおこし、顎関節症につながることがあります。
外傷 事故などで強く歯をぶつけた場合などに歯の位置がずれ、それが原因で顎関節症になることがあります。
その他の疾患 アレルギーやリウマチ、関節炎などのほか、自律神経失調症や不眠症などでも顎関節症が引きおこされます。

顎関節症の治療方法

スプリント 専用のマウスピースを使用して顎を矯正する治療法です。マウスピースを就寝時に装着することで睡眠時の歯ぎしりなどを防止し、顎にかかる負担を軽減して顎関節症を治療します。
咬合調節 被せ物やブリッジ、詰め物などを使用した、噛み合わせの調整治療です。機能性はもちろんですが、同時に見た目の美しさも回復させることができます。

※外科治療が必要な場合は、専門の医院をご紹介しています。

顎関節症を放置しておくと、外科手術が必要になったり、筋肉のバランスが崩れて全身に悪影響が出てしまったりすることもあります。少しでも気になることがあれば、まずはご相談ください。