治療の流れ

Alt:治療の流れ
診療の流れ
  • 初めての来院・応急処置

    来院時にお体のコンディションなどを問診票に記入して頂きます。
    歯が痛い、出血しているといった症状があれば、まず症状を緩和するための治療を行います。
  • お口の詳しい診査と報告

    レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯周組織検査などを行い、歯周病の進行具合や、目に見えない隠れた病気がないかよく診査し、ご説明します。
    虫歯や歯周病は進行しないと自覚症状がなく、ご自身では気が付かないことが多いため、こういった詳しい検査が必要です。
  • 予防方法の習得と歯石除去

    虫歯も歯周病もお口の中の汚れが原因です。正しい歯の磨き方や患者様に合った予防方法をご説明します。
    また、お口の中が汚れていると、このあとの治療がしっかり行えません。 普段の歯ブラシでは落としきれない汚れや固まってしまった歯石を専用の器具を用いたクリーニングで落とします。
  • 治療方法の説明

    検査、クリーニングが終わりお口の中の環境が整いましたら、今後治療が必要な箇所のご説明を行います。
    治療方法や詰め物の種類、費用などのご相談をさせて頂きます。
  • 治療

    虫歯は自然には治りません。一度失ったところは、詰め物や被せ物、入れ歯、インプラントなどの人工物で修復します。
    歯は3回治療を繰り返すことにより失われるといわれています。病気になってしまった歯を守るために、精度の高い材料、修復物を使った質の高い治療を目指しています。
  • メンテナンス

    すべての治療が終了したら、次は予防ケアのスタートです。 お口の中の環境が治療前と同じ状態に戻ってしまうと病気は必ず再発してしまいます。治療後の健康な口腔環境を保つために、定期検診を受け、ご自宅では毎日のブラッシングをしっかり行いましょう。

健口ノートの活用

健口ノートの活用
“お口の詳しい診査と報告”から始められる方には、今後メンテナンスに移行した際も健康な状態を一緒に守っていきたいので、患者様一人ひとりのお口の中の状態を目に見える形で冊子にしてお渡ししております。
税抜き1,000円