当院ブログ

医院ブログ

デンタルフロスの大切さ!

皆さん、デンタルフロス使っていますか?
実は、きちんと歯を磨いていても、汚れは約6割しか落ちていないと言われています。
歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯の間歯ぐきの溝の中をデンタルフロスを用いてきちんと汚れを落として予防することが大切です。

☆プラークの落ち具合を比較


プラークの除去率を歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスで比較してみたところ、、、
歯間ブラシは、歯ぐきの溝の中には入らないため、歯と歯ぐきの境目付近が磨けていません。
一方フロスは、歯ぐきの溝の中のプラークが除去できていることが分かります。

☆デンタルフロスの正しい使い方

   ①歯と歯の間に挿入する
      →フロスをノコギリのように横に動かしながら、歯と歯の間に少しずつ通していきます。
       ⚠︎フロスを強く押し付けて入れようとすると、勢いあまって歯ぐきにぶつかり、傷つけてしま
           うことがあるので気をつけましょう!

   ②歯ぐきの溝の中に入れる
      →歯の側面にフロスを沿わせながら溝の中に入れていきます。
          フロスがくの字になるように動かし、こすり取るイメージです。

   ③反対側のプラークも落とす
      →②と同じように動かします。

   ④フロスを取り出す
      →取り出す時も、入れるときも同じように横に動かしながら取り出します。

まずは、無理せず1週間に1回から始めていきましょう!
フロス選びに悩んだらぜひご相談ください♪

また、当院でも、糸巻きタイプとホルダータイプの2種類を販売しておりますので、お気軽にお声かけください^^♪

RECOMMEND